FC2ブログ

コインチェックがNEM保有者への補償と一部仮想通貨の出金・売却再開を発表

3月12日、コインチェックは、1月26日に起きた仮想通貨NEMの不正送金に関する補償と、一部仮想通貨の出金・売却再開について発表がありました!!!




【不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償について】

※コインチェック株式会社のHPから引用


補償日時:2018年3月12日中
補償金額:88.549円 × 日本時間2018年1月26日 23:59:59時点での保有数
補償対象:日本時間2018年1月26日 23:59:59時点でNEMを保有していたお客様




・本件はNEMの不正送金に係る補償に関するご案内です。NEMの入出金・売買に関するお知らせではございません。
・補償は日本円で行われます。
・補償は預金口座への振込ではなく、お客様のCoincheckアカウントの残高に補償金額(日本円)を反映する方法で行います。
・補償日時に本人確認が完了していないお客様も補償の対象です。日本円の出金には別途本人確認の完了が必要です。 また、日本円出金に伴い、別途追加での本人確認を行う場合がございますことをご了承ください。
・日本円の出金には所定の手数料がかかります。
・日本円の出金処理は申請をいただいている順にて対応致します。このため、ご指定口座への着金までお時間を頂戴する場合がございます。
・現時点で判明していない問題等が確認された場合、予告なく補償の実施を見合わせることがございます。
・課税関係につきましては、現在、国税当局に相談を開始した段階にございます。取り扱いが分かり次第アナウンスを致します。
※NEMの補償として支払う金銭は、本年(平成30年)に発生した事実に基づいてお支払するものです。課税対象となるか否かにかかわらず、平成29年分の確定申告に影響を及ぼすものではございません。




私は、去年12月後半にNEMを
110XEM(レート104.03XEM/JPY):価格11443円で購入!

そして、今回の補償は、110XEM(レート88.549XEM/JPY):価格9740円で補償されていました!

1703円の損になりました!!!

これだけ大きな事件起こしたのだから、1月のレートくらいで補償してほしかったです(>_<)









【一部仮想通貨の出金、売却再開のお知らせ】

※コインチェック株式会社のHPから引用


再開日時:2018年3月12日(順次)
再開機能:一部仮想通貨の出金、売却(入金、購入は対象外となります)
出金再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTC
売却再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH(BTCは当初より停止を行なっておりません)



【仮想通貨の出金及び売却について】
1:本件は一部仮想通貨の出金・売却に関する再開のご案内です。入金・購入は対象外となりますため、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
2:お客様の資産保護のため、このたびの出金再開に伴いこれまでの送金申請を全てキャンセルとさせていただきます。お手数ではございますが、再度送金申請を行っていただきますようお願い申し上げます。
3:出金の際は、指定するアドレスがご自身により指定したものであり、意図しない送金先ではないことを今一度ご確認くださいますようお願い申し上げます。
4:このたびの再開まで非常に多くの送金申請をいただいております。大変ご迷惑をおかけいたしますが、目視等での確認も含め送金完了までに数日程度お時間を頂戴する場合がございます。
5:出金再開に伴い、仮想通貨ネットワークの混雑状況により送金手数料が変更となる場合がございます。再開時の送金手数料の変更につきましては、当社公式アナウンス(SNS・メルマガ等)、また手数料ページをご確認の上、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
6: 出金の際は本人確認の完了が必要です。また、このたびの出金再開に伴い、別途追加での本人確認を行う場合がございますことをご了承ください。




今回のコインチェックの事件があったので、別の場所に仮想通貨を送金したいと思います。
コインチェックが倒産するのではないかとヒヤヒヤしたのですが、倒産にならなくて良かったです。








[ 2018年03月13日 00:50 ] カテゴリ:coincheck | TB(-) | CM(2)

コインチェック事件のことから・・・

コインチェックの580億円流出事件を受けて、今ハードウェアウォレットを購入する人が急増している状況です!



◇ハードウェアウォレットについて◇


  • ・ハードウェアウォレットとは?

  • ・ハードウェアウォレットは何を選ぶ?

  • ・ハードウェアウォレットを選ぶときに注意したいこと

  • ・ハードウェアウォレットは本当に安心?

  • ・アプリのウォレットよりハードウェアウォレットが安全








  • ・ハードウェアウォレットとは?


    ハードウェアウォレットとは、ビットコインをはじめとする仮想暗号通貨を安全に保管するデバイスのことを言います。
    ビットコインやイーサリアムなどのアルトコインの仮想暗号通貨は取引所に置いておくとハッカーから盗まるリスクがあります。
    ハードウェアウォレットはネットから切り離した状態で仮想暗号通貨を保管する安全な手段としています。






    ・ハードウェアウォレットは何を選ぶ?


    現在メジャーなハードウェアウォレットはLedger(レジャー)、TREZOR(トレザー)、Keepkey(キープキー)の3つです。
    下記は各ハードウェアウォレットの特徴、価格、スペックの違いの比較です。


    HW1.jpg
    ※1価格はAmazonでの日本円の価格を表記しています。
    ※それぞれのスペックや使用は随時アップデートされます。必ずご自身でも詳細を確認してからご購入ください。


    ★売上ランキング1位★

    Ledger Nano S

    【Ledger Nano Sの対応仮想通貨】
    ・ビットコイン
    ・ビットコインキャッシュ
    ・イーサリアム
    ・イーサリアムクラシック
    ・ダッシュ
    ・ゼットキャッシュ
    ・ライトコイン
    ・コモドコイン
    ・ドッジコイン
    ・リップル
    ・ストラティス
    ・ネオ
    ・ERC20トークン

    この他にも今後のアップデートで対応暗号通貨は増える予定です。
    また2段階認証にも使えます。

    ※Ledger Nano Sには4~5個までの暗号通貨しか入れることができません。






    ・ハードウェアウォレットは何を選ぶときに注意したいこと


    ハードウェアウォレットを選ぶときに注意したいことのポイントをあげます。

    ☑自分の保管したい暗号通貨対応か?
    ☑日本で買う場合正規販売代理店か?
    ☑日本語の説明書はついているか?



    そのハードウェアウォレットが自分の保管したい暗号通貨に対応しているか?です。自分の保有している暗号通貨に対応したハードウェアウォレットかどうか?は重要なことです。また今後のアップデートがあるのか?もチェックしたいところ。

    日本で買う場合amazonなどでも販売されていますが、正規販売代理店か?どうかということです。amazonでは最近、中国の業者などで悪徳な販売が横行しています。amazonだからといって安心せずに販売元情報を調べましょう。050などの電話番号であったり、名前が日本人でない場合は警戒した方がいいです。

    日本で買う場合日本語の説明書がついていると親切ですよね。まだ数は少ないですが、日本語の説明書を付けている親切な業者もあります。






    ・ハードウェアウォレットは本当は安心?


    ハードウェアウォレットは万が一、故障しても、紛失しても、秘密キーさえあれば、新しいハードウェアウォレットを買えば復活させることができます。しかし秘密キー(リカバリーフレーズ)を紛失した場合は完全にアウトです。ハードウェアウォレットに保管していた暗号通貨は永遠に取り戻せません。
    あなたの秘密キーの管理がきちんとしているかです。

    HW safety







    ・アプリのウェレットよりハードウェアウォレットが安心


    スマホで簡単にビットコインなどを送付できる取引所のアプリやウォレットはとっても手軽で簡単ですが、スマホをハッキングされてしまって盗まれる可能性はゼロではありません。

    スマホやパソコンで使うウォレットはネットに接続している環境から常にハッカーの脅威にさらされています。ハードウェアウォレットはすぐに使わない金庫のようなものです。持ち歩いて使う分はスマホやブラウザのウォレットに、そうでないものはハードウェアウォレットにと使い分けるのが大事です。


    ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!





    [ 2018年01月31日 21:57 ] カテゴリ:仮想通貨 | TB(-) | CM(2)

    コインチェック事件でもビットコインが崩れないのは・・・

    それは、バブルだからです!


    ネガティブ騒動を糧にして、上がっていきます。まさに買い場。
    出遅れた人がこぞって買いまくります。だから騒動前以上に上がるのです!

    なので、コインチェック騒動後に買い場になり、価格が上がる可能性ありますね!


    騒動後により、
    ・逃げるべき人は逃げている。

    ・残っている人は、迷っている人といまだに信じ続けている人。

    これらの人達の影響で仮想通貨は今後どうなるか・・・








    [ 2018年01月29日 21:08 ] カテゴリ:ニュース | TB(-) | CM(2)

    coincheck、補償方針が決定!!

    「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定しました。




    コインチェック 倒産しない




    【補償方針について】※コインチェック株式会社のHPから引用

    総額 : 5億2300万XEM

    保有者数 : 約26万人

    補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。

    算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。

    算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)

    補償金額  : 88.549円×保有数

    補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。   





    補償の時期はいつになるのか未定で、本当にされるのかどうかも危ういですね!
    今後の動きに注目したいと思います!
    [ 2018年01月28日 10:18 ] カテゴリ:coincheck | TB(-) | CM(0)

    coincheck、不正アクセス!!!

    コインチェックに不正アクセスがあり、約580億円の仮想通貨「NEM」が流出しました!!

    1517014044603.jpg


    bd0773ab.png




    現時点でコインチェックは、すべての仮想通貨の入出金を停止しています。





    原因として、
    ①NEMはマルシング(秘密鍵が複数に分割されているセキュリティ強化の仕組み)に非対応

    ②NEMはホットウォレット(オンライン上のウォレット:リスク高)
    ※ビットコインはコールドウォレット(オフライン:リスク低)でマルチシグ対応、
    イーサリアムはコールドウォレット(オフライン:リスク低)でマルチシグ非対応とのこと。

    と考えられています。






    仮想通貨をめぐっては、平成26年、取引所だった「マウントゴックス」で約470億円に相当するビットコインが失われ、マウントゴックスはこれをきっかけに経営破綻した経緯がありました。

    コインチェックは、マウントゴックス事件のことを見習ってセキュリティを十分にしていると思いきや・・・

    このざまです。

    仮想通貨はインターネット上でやりとりされているデジタル通貨なので、セキュリティの確保が必ず必要ですね。







    私もコインチェックで売買しており、保有しておりました。
    このような事が起こり、非常に残念です。
    嘆いていてもしょうがないですね。
    投資は自己責任なので・・・
    何らかの問題があったから金融庁に認可されていなかったのではないかと考えています。

    今後は、コインチェックがどのような対応とるか様子を見たいと思っています。

    [ 2018年01月27日 09:52 ] カテゴリ:coincheck | TB(-) | CM(4)






    プロフィール

    WAL01

    Author:WAL01
    FC2ブログへようこそ!

    名前:WAL
    在住:北海道
    趣味:ドライブ、旅行、飛行機、空港巡り


    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム
    アクセス数
    現在の閲覧者数
    現在の閲覧者数:

    人気ブログランキング
    にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
    にほんブログ村










    成長因子 発毛